不動産コンサルタントの相続 遺言 信託の知恵袋@さいたま

さいたま市大宮駅近くの相続対策を手掛ける不動産コンサルタント会社 相続対策専門士である不動産コンサルタントが不動産を所有する方にメリットのある情報や知識をお伝えします 悩みの解決のヒントが見つかります

株式会社ウィンズワンは相続対策・資産活用のパートナーです!
資産を増やしたい 遺言書を書きたい 信託を作りたい等
事業用物件情報も当社へ!
https://www.wins-one.co.jp/

◆◇臨時休業のお知らせ◇◆

 平素は格別のお引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。

弊社では誠に勝手ながら下記日程を臨時休業とさせていただきます。
 
2021年1月10日(日曜日)
 休業期間中にいただいたお問合せについては、
1月11日以降に順次回答させていただきます。
大変ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解の程お願い申し上げます。
 
                          2020年1月5日


写真 冬季休業

        

◆◇年末年始のお知らせ◇◆

拝啓 師走の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

 

さて年末年始の休業日につきまして、下記のとおり休業日とさせていただきます。
皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

 

■年末年始休業日

2020年12月29日(火)~2021年01月04日(月)

※2021年01月05日(火)より、通常営業を開始いたします。


   2020年12月27日
2021

                                                                                        

今年もいよいよ最後の号となりました
本当に早い1年であり今年は特に生き方を変えるような1年であったように思います
皆々様においてこの混乱の中お元気で乗り切って頂いております事
大変嬉しく思っております
さて今回の題材は資産を所有されている皆様に一番密接な相続対策です

相続対策は
納税資金の準備 納税額を最大限少なくする土地の評価額の軽減資産の
整理分割と言った所に焦点をあててお話ししようと思います

スタートは相続税がいくらかかるのかを知る事からです
お金が無くても相続税は請求されます
納税者の都合に関係なく
10 か月後には納付書が送られ期限を過ぎると4%の延滞税が
どんどん膨らんでいきます
申告しなくても所有している不動産は預貯金と同じように数字で勝手に評価されます
法定相続人を納税義務者とみなし誰が相続するか決まっていなくても請求されます
納税をしないと不動産に差押え登記がされ その不動産は貸す事も売る事も出来ない
塩漬け状態となります

国は冷酷な高利貸しのようなもので経験した事のないような圧力で
支払いを迫ってきます
申告をしないと優遇措置である配偶者控除の最大1億6千万円の控除も使えなくなります
そんな目に合わないようにするのが対策です
先ずいくらかかるか現在位置を調べ認知する事が大切です


計算は有料になりますが顧問税理士さんに依頼すれば
数週間で計算してくれると思います
無論我々コンサルタントもご依頼と同時に計算から開始していきます
その計算された数字は何も対策をしない場合の一番マストな納税額と考えて下さい
その数字をスタートとして相続税対策が始まる訳です
評価額を少なくすればいい訳ですがこれには時間がかかります
家族間、同族法人への資産の売却や土地の分割 賃貸経営等の運用を開始する事で
評価額は目に見えて下がっていきます


そうは言ってもその都度税金もかかってきますので時間をかけながら
今年はこれ来年はあれと計画的に移転をさせていくのが有効と考えます
相続税対策は相続が発生してから土地を売るのが 
対策だと勘違いしている税理士さんがいますが
これは対策ではなく財産を減らしているだけです
対策は資産を減らさず資産を継続して所有できるようにする事です
対策には知識と時間と家族の理解が必要です
全く活用していない雑草だらけの土地にも相続税はかかってきます
誰かに貸す事で評価がぐっと下がります
貸せば賃料収入を納税資金としてプール出来ます


今からでも十分間に合います
知らなかっただけで知れば沢山の対策を講じる事が出来ます
納税をするのは残された家族です
お父さんが考えていてくれるよ。
と安心してたら現金なんて何もなかった等と言う話もよく聞きます
そして対策の中でも資産を残していく
お父様お母様に積極的にえて頂きたいのが資産分けです
前々回に触れました遺言書の作成もその1つです
きちんと指名して財産を分けていく事は
家族の混乱と争いを避ける大きな効果を生みます


また子供達の性格や考え方を一番知っているのもお父様お母様です
生活の安定や今後の事業の拡大等子供達それぞれに有効な形で譲ってこそ
資産の活用価値も上げるものだと考えます
生前中から賃貸経営や運用に一緒に関わるもの大変良い効果を生みます
経営を引き継ぐ自覚を持って貰いながら少しずつ
資産の移行をしていくのも理想的な形です

先ずは資産の棚卸をして誰にどれをと考えてみる 
それを言葉にして書いてみるその延長が遺言書になります
分けるのが適切ではないとお考えの場合には1人を指名し全ての運用を任せ、
他の家族には収益だけを
分配してもらう信託と言う選択肢もあります
家族皆がそれぞれ安心して生活を守っていけるように残していく為の財産です


相続税の評価を下げる対策は専門知識になるので
サラっとお話ししておきます
税制には必ず優遇措置特別控除と言ったものがあります
これをフルに使い切るのが節税と言う事になります
相続税にもこの優遇措置や特別控除があります
その中でも不動産の価格を決める評価額
これをどう下げるかが一番大きな効果を生みます
例えば誰かに貸せば貸家建付け地の評価減と言う特例が適用されます
小規模宅地の特例と言うものがあります 土地の評価額を8割減額していい特例です
これを使えるのは1か所のみです
どの土地に使うかで効果が変わります

建物譲渡をして子供か自身でお持ちの不動産管理法人へ譲渡する事で
ここから先の相続財産を移転し財産が増えるのを抑制する
相続税対策をしても毎年財産が増え続けたら効果は出ません
大規模修繕等で借入をすれば工事代金全額を相続財産と相殺が出来ます
短期間で支払わず長い期間かけて返済する等
一部の例ではありますが沢山の知識を身に付けながら1つ1つ実行していく事で
確実に目に見える効果が大きな相続税対策になっていきます



今年1年の中で不動産の知識を知る事が安心や心構えになる事に   
気づかれた方も沢山おられます
来年も力をつけて大切な財産を守って参りましょう
1年間ありがとうございました




このページのトップヘ