一度は耳にした事があるでしょう 境界のトラブル
そもそも境界とは何ぞや...

どの土地も道路や隣の土地に囲まれて敷地がある事と思います
その隣の土地との接する所が境界です
左右後側まで囲まれていれば3件のお隣さんと境界がある事になります
線上に接している所を境界線
角のコーナーに境界石やプレートが埋め込んである所が境界点になります
測量を過去に行っていない土地であるとこの境界石やプレートも埋まってしまって
見つからない事も多々あります
建売住宅等を購入した場合は販売業者さんがこの境界をきちんと
埋めて測量図面も保存しておいてくれるのでトラブルはほぼ無いのですが
開発を行っていない昔ながらの古い建物が多く存在する地域では
この境界が無い事もしばしば...
IMG_1167

そんな事で弊社の扱っている管理物件のアパートでも隣地からの相談があり
現地に呼ばれて立会をしてきました

見ると弊社側のガス庫の土間が隣地のブロックに接していてそのブロック周囲だけが
大きく亀裂が生じて傾いていました
お話しからするとこのブロックは数十年前に弊社の貸主様と隣地の所有者様で
お金を出し合って設置したものらしくこの際ブロックを作り直しませんかとの相談でした

手前の道路側にはきちんと境界プレートが埋め込まれておりましたが
建物後側は境界石が見当たりません
隣地のお話しでは境界線は若干斜めになっていて隣地側に
ガス庫の土間が越境している様子
そのあたりは測量士さんを入れないと断定出来ない為現状では判断しかねる状況です
IMG_1164


このガス屋さんの改修の問題とブロックのやり替え工事の費用負担や工事範囲
境界線をどこにするか等
単純な話ではなさそうな為一旦貸主様に持ち帰りご説明致しました

事が事なので私の説明も慎重にいかないと琴線に触れるような発言は
トラブルの引き金になります