8月に入りました  何と暑い日差しでしょうか 日焼けすると言うより焼け焦げそうな日差しです
運動好きの私は日々真っ黒になってきております🌞

年に一度の大舞台では異常な緊張感に
襲われ通常の演技が出来なくなる事が当たり前のように遭遇します
その中でメンタルの強化はフィジカルの強化以上に重要で
緊張感の中での自分をどう受け止め  コントロールしていくかが非常に重要になってきます
今の時代はどのアスリートも当たり前のようにメンタルトレーニングを行い
最高のパフォーマンスを発揮出来る為の思考をトレーニングしています
そこで必要なのがポジティブシンキングです
海外ではかなり早くからこのトレーニングを取入れて
選手達が苦痛の中ではなく楽しみながらリラックスして競技が 出来る事でパフォーマンスが挙がるよう 日常から思考の訓練を積んでいきます
今回の選手達もこのトレーニングを積んできたのでしょう
やっと日本も海外に追い付いたかと感じたオリンピックの一コマでした 
この考え方は私達皆同じように必要とされる事で
今、 目の前で起こる日々の出来事をどう自分なりに解釈し受け止めるかが
私達の人生そのものを豊かにしていきます

選択行動理論と言う心理学になりますが 人は 日々無意識の中で
何千 何万と言う選択を繰り返しています その選択を変えていく事で
行動が変わり自分の成長や人生の目標を 達成する事が出来るようになると言うものです
豊かな人生・豊かな老後とは、お金があれば手に入るものではなく
充実した日々を過ごす為に心の豊かさは最も必要であり
その為にはポジティブな考え方を身に付ける思考回路が必要になります

例に挙げると 【車線に入りたい車がいる】
『割り込まれると損した気分になる 前の車に近づいていこう』 
『どうぞお先に何だか今日は自分に余裕があって嬉しいな』 

【クレームの電話で非常に憤慨した】
『だから仕事なんか嫌いなんだ一つも楽しい事がない』 
『きつい一日だったが今日はメンタルを鍛えられた日だったなあ』2
起こる現実事実は1つです それをどう自分が解釈するかが次の行動、
未来の自分に大きな影響を与えていきます
日々意識しながら考え方を変えていけるように成長したいものです


今年は新民法がスタート。とはいえ身近で何かおこらないと特段変化は感じないものです
賃貸において貸室での設備等の不具合により借主が正常な生活を送れない状況が続いた場合当然、
賃料の減額となります 減額の金額や対象となる被害の範囲に関しては
私達プロに相談の上 適切な対応をとられるべきかと思います
この請求は、その時借主が申し入れをしてなくても 後からの請求も可能となっていますので
退去時に持ち出しされた場合も応じる必要があります

この新民法が適用されるのは 2020年4月1日以降の契約に限られます。
それではほぼうちの入居者には適用されないなと思った方、
更新契約も新規契約と同等の扱いになりますので更新によって
2020年4月1日以降締結した契約に適用されます

またテナント物件について 賃料不払いがコロナ禍の影響による場合
通常の家賃滞納と異なり滞納が3 か月目に入ったとしても貸主からの契約解除を
申し入れる事が出来ない可能性があります
この辺りは過去事例の無い中でもあり、慎重な対応で臨むべきで可能な限り継続に
協力する対応策が好ましいようです

一方で賃貸住宅管理業法がスタートしました
私達業者がサブリース(借上げ保証)をする場合の規制事項が明文化され
免許登録制度となりました 弊社は国土交通大臣への届出は数年前から行っていましたし、
業務管理者である 賃貸不動産経営管理士の資格も10年前から私は保有していましたので
弊社は今後も問題なく管理業の運営が出来る事業者となりました
資格は所持していても今回講習の義務があるようなので しっかり勉強し直しておこうと思います