不動産コンサルタントの相続 遺言 信託の知恵袋@さいたま

さいたま市大宮駅近くの相続対策を手掛ける不動産コンサルタント会社 相続対策専門士である不動産コンサルタントが不動産を所有する方にメリットのある情報や知識をお伝えします 悩みの解決のヒントが見つかります

タグ:不動産コンサルタント

cherry_blossom_tripty
不動産コンサルコラム2020 3月号
『争族事例』

 

たったの1か月の間に日本経済は大きく様変わりしてしまいました

新型コロナウィルスの影響 余波はまだまだ出口が見えてこない現状です

今月予定していたセミナーも延期の決定がされ 登録実務講習や 免許更新の講習も全て中止と

なってしまいました 日本中に巻き起こった旋風に飲み込まれた形です

感染者の共通点は免疫力の下がった人が感染しやすいようです

しっかり健康チェックをし運動して体温を上げておきたいですね

今月は繁忙期ではありますが業界でもいつもの勢いがありません 外出控えや企業の業務が遅延して いるのも影響がありそうです

 

今日は実際の現場で起こっている事例の紹介です

相続において裁判になるケースは年々増加の一途を辿っております

相続財産5000万円以下が圧倒的に多い事が統計データでも示されています

何故か?? こんな事例ならわかりやすいかと思います

 

都内某所で店舗付き住宅を所有し家族でお寿司屋さんを営んでいました 

お父様が高齢になり長男が跡を継ぎお店を切盛りしていました

ある時お父様が亡くなり遺言も無いまま相続が発生しました

お母さまと長男は当然このお店を継続していくつもりでおりました

現預金は大して無いものの土地の評価が高く相続税の資金を用意していなかったのでお金を借りようかと相談している矢先

ある日次男が長男を訪ねてきて自分にも兄と同様に財産を貰う権利がある筈 現金が無いならこの家を処分して支払って欲しいと要求してきました

母親も長男も馬鹿な話だと口論になり 結果、次男は裁判提訴をしました

何回かの裁判の末最高裁で出た結論は次男の要求通り自宅を売却して法定通りの相続財産を支払えと言う結果でした 裁判所は民法に則った結論を下しただけの事で個々の事情は鑑みて貰えません

結局 母親と長男は自宅を売却してそのお金で次男に相続財産を支払いました

当然仕事も失い何もかも人生設計が狂ってしまいました

このように遺言が無い 財産が不動産しかない 分ける資金が無い 等相続の対策を講じておく必要が無いと思っている家族にこそ大きな争いの種が潜んでいるのです

親と同居していた夫婦が親が亡くなり相続した自宅の評価が高く相続税が支払えずノイローゼになり 自殺してしまった老夫婦もいます

争族にまつわるエピソードは山ほどあります

今は他人事 、しかしやがて必ず訪れる事で経験した人の殆どが

想像もしていなかったけど本当に辛い思いをしたとおっしゃいます

無駄な税金を払わない対策 揉めない対策 生前の資産の移転対策 

時間さえあれば残された人たちに感謝される承継が出来ます
gym_running_people




本日は講師ではなく生徒です👩‍🎓

相続対策の1日研修を受講します💪

凄いキャリアの先生で提案力の引き出し、コンサル規模は運田の差です😩

少しでも多くの知識を学び
私のクライアント様に適した提案が出来るよう免許取得以降年間何十回も受講しています

この研修も毎年受講していますが気付きが違うようになれたのは自分が成長し提案力が広がったせいでしょうか

会社を守ってくれるスタッフが入ればこその参加です
ありがとう😊

images
弊社社長が月刊不動産流通2月号に掲載されます

上級資格者として富裕層の顧問業務も

賃貸管理業から不動産コンサルティング主体の事業に転換したのは㈱ウィンズワン(埼玉県さいたま市、代表取締役:平野真奈美氏)
管理物件の代替わりによるオーナー離れなどから事業の先細りを懸念した代表の平野氏が6年前に決断した。
「お客様を逃さないためには、時代の流れに取り残されないよう新しい知識を取り入れていかなければいけない。

そんな思いで各種資格取得を検討する中で、不動産コンサルこそ自分が求めているものだと感じたのです」
そこで2013年に「公認不動産コンサルティングマスター」を取得。
コンサルティング業を柱に据えるためには宅建業のレベルアップも必要だと考え14年に新たに創設された宅地建物取引のエキスパートとして認定する。
「宅建マイスター」公財 不動産流通推進センター資格も併せて取得した。

上級資格保持をアピールし、いざという時に、頼れる人に

資格取得後は、まず管理物件のオーナーに毎月送付しているレポートに、資産家が知っておくと役立つ節税対策や遺言書の知識を掲載するとともに、自身が難易度の高い上級資格の保有者であることを必ずアピールした。このアピールが、急な相続などの際に効いてくるという。
「富裕層の方々に、”頼れる人”として思い出してもらえます。また”マイスター”は、「ワンランク上の人に依頼している」ステイタスを感じてもらえる効果もあるようです」上級資格を持っていることで不動産知識の薄い2代目オーナーへの”教育”を依頼されることもあり顧問契約につながるケースも出てきている。
こうした顧問業務でこそ効果を発揮するのが宅建マイスターのノウハウだ。
「コンサルは、不動産にからむ何らかの問題が発生した際に対処する技能。
毎月の顧問契約で、不動産ありきでその活用を考えるといったケースでは、宅建マイスターの知識が断然生きてきます。資格を取得したことで知識の深堀りはもちろん物件を見る目が
変わり提案の幅が確実に広がりました。

私のメイン業務はコンサルタント業です

不動産を資産として所有されている方達の維持や活用、運用をサポートします
殆どの資産家様は代々引き継いできた為
何をしていいか知識が無く税金だけを納め続けています

不動産から収入を生まない限り給与や生活費から税金を支払う事になります
資産を持っていても現金では無いので使う事が出来ない財産です

そのまま何もしないで相続を迎えると莫大な税額に結局は売って税金を払うしか選択肢がなくなってしまいます

そうしない為に時間のあるうちから準備を始め相続の資金作りをしたり今よりもっといい活用を考えたりするのが私の仕事です😊👌

このページのトップヘ