不動産コンサルタントの相続 遺言 信託の知恵袋@さいたま

さいたま市大宮駅近くの相続対策を手掛ける不動産コンサルタント会社 相続対策専門士である不動産コンサルタントが不動産を所有する方にメリットのある情報や知識をお伝えします 悩みの解決のヒントが見つかります

タグ:不動産コンサルタント

空
資産
経営育成 ワークショップ 経理編

これからの目まぐるしい変化とスピード社会で生き残る為に
必須となるのが経営の知識です
勉強している人としない人では判断力・決断力
そしてビジネスチャンスの機会が圧倒的に違います
今から身近な所から無理なく一緒に勉強していきましょう!

ここから多岐に亘って経営に役立つ勉強の機会を作っていきますので
是非ご体験下さい
先ずその先駆けになる自分の賃貸事業資産経営の中身を知る
その足元の作業である記帳帳簿付けを見直しませんか
現在の事業はどんな経理管理をしていますか

領収証や請求書、通帳のコピーをそのまま
税理士事務所や会計事務所に渡しているだけ
これは自分の事業の経営を理解する事が出来ず人任せにしているだけです
これでは事業の見直しや強化を知る機会が生まれません
会計事務所は税務署に申告をするのが使命です
クライエントの生活や未来まで責任を持ってはくれません
よく耳にする税理士に任せている これは大間違いの経営スタイルです
自分の経営する会社は自分が全て源です
悪くても良くても全て自己責任そう言える企業体質が必要です

この数字はどこからきた数字か
この数字は何を意味する この数字はいつまで継続出来るのか

経営者が税理士に質問が出来て自分の会社の弱み強味を数字から理解していく
これが目指すべき資産経営の経営者です
言いなり経営で没落していく農家や地主家族が増えています
固定資産税の負担と土地の活用が上手くいっていない事が原因、
相続税の準備がされていなかった事が原因です
事業承継を控えている又は既に事業承継を開始している

是非ここで数字に触れてみる事にチ ャレンジしてみませんか
ストックした領収証請求書 通帳のコピーを弊社にお持ちください
(来られない時は郵送 頂ければ弊社 が 入力します)
弊社の経理担当と一緒に毎月ソフトを使って入力します
仕訳処理勘定科目と言った
帳簿付けの入口部分を一緒に入力しながらその意味をレクチャーします
自分の事業の中身その数字の持つ意味を理解しながら経理帳簿を作成する
効果が見えてきます
自分の事業の強みや弱みそしてこれからの将来の目標が

人任せでは事業は育ちません
事業の判断に迷いがある 怖い 誰を信じたらいいのかわからない
これは全て知識がない知らないからです
高度な専門知識まで知る必要はありません
自分の現在位置を把握するだけで安心と興味と経営の
自信が生まれてきます

確定申告書決算書の中身をご存じですか
資産全体を把握する事でこれからの事業拡大のタイミングも見えてきます
経営者であれば自分の会社の中身を銀行に説明出来る力も必要になります
勿論記帳作業の入力だけでも毎月代行致します
記帳作業を除いた業務は今まで通り税理士事務所に依頼して頂き
入力業務のコスト分を減額相談下さい
自分でソフト入力したデータを毎月提出しますとご説明下さい
クラウド上にソフトを置きますので自宅で夜に1 人でも入力可能です
入力した内容はご自宅のPC でも弊社の経理 PC でも同じものが見られますので
分からない時は弊社の経理が電話でフォローしますので心配はありません
先ずは1 年間続けるだけでもメキメキと力をつけていきます

ソフトによる記帳入力
経理知識のレクチャ ー 決算書の見方 =月額 2 万円 (税別途)
申告1件毎の金額になります

弊社が毎月郵送する管理精算データもソフトへの
入力が自分で出来るようになります
賃貸事業と資産経営 を守り大きく育てていく為にも
管理会社の知識やデータは大いに役に立ちます
資産経営は総合力を要求されます
賃貸事業の法律知識 民法 も身を守る上では必要です
建築の知識・設備の知識 ・長規模修繕等の知識も賃貸に特化して
知っておくだけでも経営の危機管理力を身につけられます
日常の知識の他
相続 信託 有効活用 等節税対策も今後必須の知識であり武器になります
今後、
小規模な勉強会 対面での個別相談 相続対策 の中身等 経営 に
役立つ機会を作っていきます


次回は現在お持ちの賃貸事業のバロメーターとなる
経営診断シートの作成についてお知らせ致します


丸

丸

                   コラム6月号
 

            

暑くなってきました 一気に夏の装いですね

コロナで引き籠りの生活も緊急事態宣言解除と この太陽とで外出したくなる気分になりますね

この季節で心配なのは熱中症です 外出時のマスクは熱中症の原因になるとの事で廻りとの距離を

確保出来る所では装着しない方がよいそうです

 

東京ではクラスター現象が発生し始めておりますが経済を
止める事の影響も大きい為 

自粛の限界の様相ですね

不動産業界もこのコロナの影響で人の移動が無くなり企業の転勤が止まった事、 

移転・移動を先延ばしにした事から空室化が色濃く出てしまいました

店舗等の出店も企業の方針として出店をしない方針が出たり 

既存店を閉鎖し、破産迄発生しています

 

経済の混乱は多方面の業界へも拡散し我々の日々の経済活動も大きく様変わりし始めています

今一番優先すべきは情報を敏感に察知する事で変化を受け入れる事が大切です

もう今までの日常は戻ってこないでしょう

コロナと共存しながら生きていく と言う事は今までの常識が通用しなくなるという事です

 

取引の挨拶訪問が礼儀とされていたのが 相手への迷惑となる為今は電話やLINEでのやり取りです

来客のお茶出しはマスクを取れない為 不要な行為となりました

商談室も閉めるのが当たり前でしたが今は開放したままの商談になっています

人と人との触れ合いや会う事の大切さが希薄になってきて怖い程です

セミナー開催もストップしたままの為 情報 知識の共有や人のエネルギーを感じる機会の欠落は

方向性まで見失いそうで辛い事です

 

業界団体もあまりに急変した経済についていけず5月の末頃になって今後の住居確保の支援や相談者への対応等の指針を出してきましたが 既に弊社が着手している事ばかりで対応の遅さに

現場とのギャップを感じています

持続化給付金の申請も複雑で 問い合わせの電話は一度も繋がらずオンラインしか手が無く何度も

申請のやり直しをしなくてはならず行政のする事は本当に不親切でパソコンに慣れていない人では手が出せない作業です

 

 


そんな中日本人の勤勉さに感心するのが 
コロナをチャンスに変えて商品を作ったり 

人の不自由の解決の為にアイディアを商品として販売したり 
凄いなあと感心します

手作りマスクもコロナとの生活を共存している証です

 

先日のニュースで指にするスマホリングにコロナの情報を
入れコロナの感染を発症する前段階で、

シグナルで知らせる機能が出来たそうです

これにより自覚症状の無い段階からPCR検査を受けたり
クラスターを防げたり出来るそうです

現在精度を調査している段階で 一日も早く世の中に出て欲しいものです

治療薬も人への試験段階に入っているようではありますが完全に承認されるには

来年の秋か冬だと言われています

 

人間には環境順応能力が潜在的にあるそうです

どんな環境の中でもその環境に馴染んで生きていける力です

今正にその能力を大いに発揮してどんな変化にもどんな生活にも楽しみながら

馴染んで前に進みましょう

カエル





cherry_blossom_tripty
不動産コンサルコラム2020 3月号
『争族事例』

 

たったの1か月の間に日本経済は大きく様変わりしてしまいました

新型コロナウィルスの影響 余波はまだまだ出口が見えてこない現状です

今月予定していたセミナーも延期の決定がされ 登録実務講習や 免許更新の講習も全て中止と

なってしまいました 日本中に巻き起こった旋風に飲み込まれた形です

感染者の共通点は免疫力の下がった人が感染しやすいようです

しっかり健康チェックをし運動して体温を上げておきたいですね

今月は繁忙期ではありますが業界でもいつもの勢いがありません 外出控えや企業の業務が遅延して いるのも影響がありそうです

 

今日は実際の現場で起こっている事例の紹介です

相続において裁判になるケースは年々増加の一途を辿っております

相続財産5000万円以下が圧倒的に多い事が統計データでも示されています

何故か?? こんな事例ならわかりやすいかと思います

 

都内某所で店舗付き住宅を所有し家族でお寿司屋さんを営んでいました 

お父様が高齢になり長男が跡を継ぎお店を切盛りしていました

ある時お父様が亡くなり遺言も無いまま相続が発生しました

お母さまと長男は当然このお店を継続していくつもりでおりました

現預金は大して無いものの土地の評価が高く相続税の資金を用意していなかったのでお金を借りようかと相談している矢先

ある日次男が長男を訪ねてきて自分にも兄と同様に財産を貰う権利がある筈 現金が無いならこの家を処分して支払って欲しいと要求してきました

母親も長男も馬鹿な話だと口論になり 結果、次男は裁判提訴をしました

何回かの裁判の末最高裁で出た結論は次男の要求通り自宅を売却して法定通りの相続財産を支払えと言う結果でした 裁判所は民法に則った結論を下しただけの事で個々の事情は鑑みて貰えません

結局 母親と長男は自宅を売却してそのお金で次男に相続財産を支払いました

当然仕事も失い何もかも人生設計が狂ってしまいました

このように遺言が無い 財産が不動産しかない 分ける資金が無い 等相続の対策を講じておく必要が無いと思っている家族にこそ大きな争いの種が潜んでいるのです

親と同居していた夫婦が親が亡くなり相続した自宅の評価が高く相続税が支払えずノイローゼになり 自殺してしまった老夫婦もいます

争族にまつわるエピソードは山ほどあります

今は他人事 、しかしやがて必ず訪れる事で経験した人の殆どが

想像もしていなかったけど本当に辛い思いをしたとおっしゃいます

無駄な税金を払わない対策 揉めない対策 生前の資産の移転対策 

時間さえあれば残された人たちに感謝される承継が出来ます
gym_running_people




本日は講師ではなく生徒です👩‍🎓

相続対策の1日研修を受講します💪

凄いキャリアの先生で提案力の引き出し、コンサル規模は運田の差です😩

少しでも多くの知識を学び
私のクライアント様に適した提案が出来るよう免許取得以降年間何十回も受講しています

この研修も毎年受講していますが気付きが違うようになれたのは自分が成長し提案力が広がったせいでしょうか

会社を守ってくれるスタッフが入ればこその参加です
ありがとう😊

images
弊社社長が月刊不動産流通2月号に掲載されます

上級資格者として富裕層の顧問業務も

賃貸管理業から不動産コンサルティング主体の事業に転換したのは㈱ウィンズワン(埼玉県さいたま市、代表取締役:平野真奈美氏)
管理物件の代替わりによるオーナー離れなどから事業の先細りを懸念した代表の平野氏が6年前に決断した。
「お客様を逃さないためには、時代の流れに取り残されないよう新しい知識を取り入れていかなければいけない。

そんな思いで各種資格取得を検討する中で、不動産コンサルこそ自分が求めているものだと感じたのです」
そこで2013年に「公認不動産コンサルティングマスター」を取得。
コンサルティング業を柱に据えるためには宅建業のレベルアップも必要だと考え14年に新たに創設された宅地建物取引のエキスパートとして認定する。
「宅建マイスター」公財 不動産流通推進センター資格も併せて取得した。

上級資格保持をアピールし、いざという時に、頼れる人に

資格取得後は、まず管理物件のオーナーに毎月送付しているレポートに、資産家が知っておくと役立つ節税対策や遺言書の知識を掲載するとともに、自身が難易度の高い上級資格の保有者であることを必ずアピールした。このアピールが、急な相続などの際に効いてくるという。
「富裕層の方々に、”頼れる人”として思い出してもらえます。また”マイスター”は、「ワンランク上の人に依頼している」ステイタスを感じてもらえる効果もあるようです」上級資格を持っていることで不動産知識の薄い2代目オーナーへの”教育”を依頼されることもあり顧問契約につながるケースも出てきている。
こうした顧問業務でこそ効果を発揮するのが宅建マイスターのノウハウだ。
「コンサルは、不動産にからむ何らかの問題が発生した際に対処する技能。
毎月の顧問契約で、不動産ありきでその活用を考えるといったケースでは、宅建マイスターの知識が断然生きてきます。資格を取得したことで知識の深堀りはもちろん物件を見る目が
変わり提案の幅が確実に広がりました。

このページのトップヘ